公団ウォーカー

日本住宅公団 草加松原団地
(そうかまつばらだんち)


埼玉県草加市松原
公団賃貸住宅 昭和37年12月入居開始
 東洋一のマンモス団地と謳われた総戸数約6000戸の団地です。団地の入り口に開設された駅はズバリ「松原団地駅」でした。行けども行けども団地、団地、団地。とてつもない広さでした。住棟は4階建の中層フラットと2階建てテラスハウスが主で、所々にボックス型のポイントハウスが見られます。全面建替対象団地で、令和元年現在、大部分が取り壊されています。 ※松原団地駅は、その後「独協大学前(草加松原)駅」に改称されました。
団地写真1-1
1-1
住棟がずらっと南向きで並んでいます。この団地の特徴は、東にある松原団地駅からメインの緑道が各住区の近隣センターにつながっているところ。埼玉を管轄する関東支所の職員は、こういうシステマチックな配置が好きだったそうですよ。 団地の中は近隣住区の理論に基づきA、B、C、Dの4地区に分けられ、地区ごとに商店街や集会施設が設けられていました。ワンセンター方式と呼ばれています。
団地写真1-2
1-2
NSペアの配置がずらーっと続いています。
団地写真1-3
1-3
南入り住棟
団地写真1-4
1-4
NSペア
団地写真1-5
1-5
住棟番号はD-35のようにABCD住区記号と数字の連番になっています。
団地写真1-6
1-6
生活感あふれるテラスハウス
団地写真1-7
1-7
みんな南向きなのでズラリ感がすごい。
団地写真1-8
1-8
団地写真1-9
1-9
団地写真1-10
1-10
行けども行けども団地が続きます。
団地写真1-11
1-11
テラスハウスの庭の仕切りはシンプル。何でもかんでも壁で囲わないのが公団のいいところ。
団地写真1-12
1-12
テラスハウス2階の物干し台がかわいい。
団地写真1-13
1-13
こちらは近隣センター。商店街です。
団地写真1-14
1-14
建て替えを目前にしてシャッター街になっちゃっていました。 前述の通り松原団地の住棟配置は「ワンセンター方式」と呼ばれ、ABCD各住区に商店街が設けられていました。これが便利かと思いきや、拠点機能が中途半端に分散してしまったため、どの商店街も今一活気がない状態に。 一方、団地の外周部(敷地外)には民間の商店が張り付きはじめ、こっちの方が活況を呈することになってしまったといいます。公団の商店街はRC造で立派な作りのため賃料も高かったのですが、団地外の商店は簡易的な建築物のためコストがかからず、売り物も安く提供できるため、団地内の焦点は太刀打ちできず、だったとか。
団地写真1-15
1-15
郵便物も尋常じゃない量なので独立した作業室が設けられていました。
団地写真1-16
1-16
団地写真1-17
1-17
東武伊勢崎線松原団地駅。今は「東武スカイツリーライン獨協大学前」なんですよね。
団地写真1-18
1-18
この2ドア車も浅草まで乗り入れなくなっちゃいました。
団地写真1-19
1-19
まつばらだんち!
団地写真1-20
1-20
団地写真1-21
1-21
ボックス型ポイントハウス。4階建てです。
団地写真1-22
1-22
ポイントハウスはメインの緑道沿いに多かったですね。
団地写真1-23
1-23
団地写真1-24
1-24
団地写真1-25
1-25
団地写真1-26
1-26
商店街
団地写真1-27
1-27
団地写真1-28
1-28
団地写真1-29
1-29
駅前団地ではありますが、敷地が東西1km以上と広大なため、団地内の移動もバスが重宝します。
団地写真1-30
1-30
商店街の名前も「D商店街」のようにシンプル。
団地写真1-31
1-31
ずらーーー
団地写真1-32
1-32
すごい迫力。
団地写真1-33
1-33
行けども行けども団地。
団地写真1-34
1-34
団地写真1-35
1-35
団地写真1-36
1-36
団地写真1-37
1-37
団地写真1-38
1-38
団地写真1-39
1-39
団地写真1-40
1-40
団地写真1-41
1-41
団地写真1-42
1-42
松坂牛のお店!
団地写真1-43
1-43
建て替えが完了したA街区は「コンフォール松原」というUR賃貸住宅になりました。 東西の通り抜けは建て替え前の特徴を継承しています。
団地写真1-44
1-44
団地外周部に張り付いた商店街
団地写真1-45
1-45
南入り棟の北側
団地写真1-46
1-46
団地写真1-47
1-47
団地写真1-48
1-48
団地写真1-49
1-49
団地写真1-50
1-50
A街区だけ妻面が特徴的なデザイン

以上です。(全50枚)
このページのトップへ戻る