公団高根台団地
千葉県船橋市高根台/日本住宅公団

1|Top



1-1

高根台団地は、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地など緑溢れる団地を生み出し続けてきた津端修一氏が手がけたことで有名なマンモス団地です。






1-2

土地の起伏をそのまま生かし、テラスハウスとポイントハウスふんだんに使った住区設計は傑作とも評されています。







1-3

高根台は、昭和36年入居開始。着々と建て替えが進められており、当然全棟建て替えられてしまうのだろうと思っていたところ、2007年末に出された「団地類型一覧表」の中で「一部建て替え」に分類されていました。幸い、東側3分の2くらいは、残るようです。






1-4











1-5

広々として気持ちいいです。団地の中を縦断する道路は、丘と丘の間の谷になる部分に配置されています。そして道路両サイドの斜面にはポイントハウス、丘の上にはテラスハウスという配置が基本になっています。