公団ひばりヶ丘団地
東京都東久留米市ひばりが丘団地・西東京市ひばりが丘/日本住宅公団

1|Top



1-1

多摩地区初の大規模団地です。平成の天皇陛下が皇太子時代、視察に訪れたことで有名です。中層棟とテラスハウスが半々くらいの割合であり、スターハウスは集会場(現在は建て替えられ南部地域センター)を囲むように四棟建っています。容積率はたったの33%という脅威の数字です。

団地名は、現在「ひばりが丘団地」となっていますが、完成時は「ひばりヶ丘団地」と表記していたようです。







1-2

団地入居者に団地の使い方を教育するために見せた「団地への招待」のモデルになったのも「ひばりが丘団地」でした。その映像と、この写真を見比べると周りの風景の変わりぶりに驚かされます。かつては田んぼや畑しかなく「近代的で美しい町」と言われた団地も、半世紀近く経った現在は「レトロな街並み」と呼ばれるようになりました。









1-3

団地商店街。ここと隣の西友だけで、約3000世帯(約1万人)の生活を賄っていました。










1-4

団地西友。現在は団地の北の方へ移転しています。









1-5

団地名店街の中です。平成19年に取り壊されました。